心の病とともに

uninami.exblog.jp
ブログトップ

新しい一歩へ

久し振りに出勤はしてみたものの。
やはり、アタマがうまく回らない。
休む前よりはマシだけれど、まだまだ完全ではない。

職場も、人員を増やして業務を拡大したかったようなので、
未練はあったけれどこれ以上迷惑もかけられないので辞めてきました。

そして、帰宅して
「お母さん、仕事辞めてきたよ」
と言ったときの、子どもの笑顔ったら。

嬉しいんですって。

待ってくださいよ。
お母さん、働いてないと、自分のお小遣い、ないんですけど!

[PR]
# by uminami-82 | 2017-08-18 01:28 | Comments(0)

私に、夏休み

夫の復職が正式に決まり、よし、これからだ!と思った矢先、今度は私の力が入らなくなり、ヘナヘナヘナ。

いけない。これでは荷おろしうつだ!と、主治医の先生に相談したところ、1ヶ月ぐらい仕事を休んだ方が良いと言われ、休むことにしました。

あまり長く休むと復帰が大変になるし、子どもの夏休みの間丸々カラダが空いてしまうと、私のことだから、全部のエネルギーを子どもに使いかねないので、その位がちょうど良いでしょう、と。

幸い、仕事も締め切りがあったり、引き継ぎが必要だったりするものではないので、職場にも了解を得て、晴れて私のための夏休み、となりました。

でも、正直、この決断がなかなかできなくて、困っておりました。

すると、先生は、あっさりと
「そりゃあ、仕事を休む、というのは、なかなか大変なことですよ」
と仰って。

まさに、荷おろしうつになりやすい条件だし、少しゆっくりしたら良いですよ、と。

はい。
本当に、大変でした。

私も、人生の中で、あのときはさすがに頑張った、という時期が幾つかありますが、今回は3本指に入れても良いかもしれません。

ホント、がんばったねぇ、私。
がんばったよぅ、私。(泣)

昔むかしの、中島みゆきの歌が聞こえてきます。
「やっと3日もらえるのが夏休み」

でも、ほんのちょっと前まで、アタマの中は時代だったのよ。
「まわるー、まーわるーよ、時代はまわるー」
って、どれだけ自分を励ましたかわからない。

じっと、じーーっと季節が変わるのを、踏ん張って、踏ん張って待ちました。

正直、アルコールの家族を抱えて、順調に職場復帰する例は、とても少ないです。

それでも、なんとかなったのは、外来で治療が受けられる専門クリニックに早い段階で繋いだのが不幸中の幸いでした。

そして、夫自身も、子どもの習い事や学童保育の保護者同士の関わりがあり、社会から孤立せずに済んだことで、随分と救われました。

支えてくれた皆さんに、感謝。

[PR]
# by uminami-82 | 2017-07-21 00:19 | Comments(0)

90点と35点

子どもが、ランドセルからガガガーと、いろんなプリントを出してきました。

その中に、テストが3枚。

算数と理解の90点が2枚と、何もかもめちゃくちゃな算数35点が1枚。

「あら。この35点、薬飲んでない日にやったの?」
「当たり前じゃん」

「じゃあ、この90点2枚は、飲んでる日?」
「うん」

あーあ。
ものすごい差です。

びっくりしました。

[PR]
# by uminami-82 | 2017-06-23 11:53 | Comments(0)

ストラテラ2週間経過

子どもの薬をストラテラに変えて、あっという間に2週間が経ちました。

本人曰く、コンサータのような食欲減退も、気持ち悪さもないので、薬を飲むのは苦ではないそう。

実際、飲む、飲まないで揉めたことがありません。

そして、家でもあまり癇癪を起こしませんし、かえって私の方が疲れてキレていることが多いかもしれない位です。

[PR]
# by uminami-82 | 2017-06-22 10:41 | Comments(0)

ストラテラ初日

子どもの薬をストラテラに変えた初日。

帰宅した子どもに学校の様子を聞くと、

「楽しかったよ」
「給食、たくさん食べられたよ」

副作用でお腹が痛くなったりしなかったかと聞いても

「全然。平気だったよ」

そして、本人も、とても穏やかにしています。

あれ?ストラテラって、徐々にしか効かない筈なんだけど、ばっちり効いてるみたい。

まあ、いいや。
本人が過ごしやすかったのだから。

こうして神経に作用する薬を飲ませたがらない親御さんも多いでしょうが、我が家の場合は、全員が病人なので、薬に頼らないことには疲労困憊して倒れてしまうので、やむ無しとしています。

[PR]
# by uminami-82 | 2017-06-09 22:01 | Comments(0)